Salesforce Sales Cloudとは? セールスクラウドを分かりやすく解説

この記事をシェアする

         x facebook
Salesforce Sales Cloudとは? セールスクラウドを分かりやすく解説

この記事でわかること

  • SalesforceのSales Cloudとは?
  • Sales Cloudの機能
  • Sales Cloudを導入することによる4つの効果
  • Sales Cloudのエディションと料金プラン
  • 他社と比較したSales Cloudのメリット・デメリット

執筆者 杉山元紀

多くの企業が導入している営業支援システム(以下:SFA)ですが、中でも15万社以上で導入されているSalesforce社が提供するSFAがSales Cloudです。

本記事では、

「SFAの導入を検討しているが、どの製品が良いか分からない」

「Salesforce Sales Cloudの機能が分からない」

「Salesforce Sales Cloudの活用イメージが分からない」

そんな方に向けて、Sales Cloudの機能・導入効果・エディションと費用を紹介します。

参考:Salesforce(セールスフォース)とは?機能やメリット・デメリットを簡単に解説!

目次

1.Salesforce Sales Cloud(セールスクラウド)とは?

Salesforce Sales Cloudとは、セールスフォース社が提供するSFA(営業管理システム)です。Sales Cloudは、Salesforce社のコア製品として位置づけられています。そのため、「Sales Cloud」「Service Cloud」を「Salesforce」と呼ばれることもあります。

Sales Cloudは、顧客情報や商談情報などを管理することができ、インサイドセールスやフィールドセールスチーム内でそれらを共有することで営業活動の効率化や受注精度の向上を図ることができるシステムです。

2.Salesforce Sales Cloudの主な機能

Salesforce Sales Cloudの機能は、管理系・予測分析系・サポート系の3つに分類できます。

./media/Salesforce Sales Cloudとは? セールスクラウドを分かりやすく解説/salescloud_sfa_image_2.png

■管理系

./media/Salesforce Sales Cloudとは? セールスクラウドを分かりやすく解説/salescloud_sfa_image_3.png

見込み顧客・顧客管理

ホームページから問い合わせや、資料ダウンロードなどのアクションをした見込み客の会社名や最新の連絡先・流入経路など、見込み客に関する全ての情報を一元管理できます。

また、自社の製品やサービスに対する興味・関心を高める為に実施した広告やキャンペーンのデータを管理出来るため、見込客を顧客へ育成させることも期待できます。

顧客管理では、取引先企業の住所・電話番号・業務内容といった基本情報から商談内容、その顧客に対する社内ディスカッション、過去に発生したお問い合わせなど、さまざまな情報を一元管理できます。これらの情報はモバイルアプリを活用することで、場所問わずアクセスすることでき、成約率の向上も期待できます。

商談管理

取引額・確度・進捗状況・競合相手・訪問日・訪問回数など、商談に関する情報を一元管理できます。

また商談に含まれる商品に関して、数量・標準価格・見積価格・商品コードなどを管理できるため、組み込み式の見積機能を使い、関連する顧客情報を自動で入力することもできます。

受注・失注案件を含めた商談情報を登録することにより、営業活動の標準化や、組織・個人単位での営業活動の分析もできます。

■予測・分析系

売上予測

./media/Salesforce Sales Cloudとは? セールスクラウドを分かりやすく解説/salescloud_sfa_image_4.png

リアルタイムで、担当別・チーム全体の売上予測の可視化ができます。売上予測金額は、担当者別・期間別・集計値別に簡単に調整を加えることができます。そのため、上司が部下の売上予測金額を修正し、シビアな条件の売上予測を立てることもできます。

レポートダッシュボード

./media/Salesforce Sales Cloudとは? セールスクラウドを分かりやすく解説/salescloud_sfa_image_5.png

レポート・ダッシュボード機能では、Sales Cloud内に格納されているデータをレポートやグラフで可視化できます。レポートは、Sales Cloudに登録されたデータを、リアルタイムで表・サマリー・マトリックスの中から選択した形式で表示できます。また、データは業務に合わせた条件で抽出・集計・分析できます。ダッシュボードは、レポートをベースに円グラフ・メーター・散布図など様々な形式でデータを可視化できます。経営会議〜自己管理・個別案件管理まで場面に応じて作成し、意思決定の精度向上などにつながります。

参考:【初めてのデータ分析】ビジネスマン必須スキル!知っておきたいデータ分析の基本

■サポート系

業務自動化

./media/Salesforce Sales Cloudとは? セールスクラウドを分かりやすく解説/salescloud_sfa_image_6.png

フローという機能を使用して、業務の自動化が出来ます。Sales Cloudでは、フローの他にもワークフロールール・プロセスビルダーという2つの自動化機能がありますが、廃止が決まっているため、フローについてのみ紹介します。

フローとは、Salesforce上で独自のプロセス処理が作成できるノーコードツールです。

参考:Salesforceフローとは?基本機能からレコードトリガフローの使い方も具体例と一緒に徹底解説!

承認プロセスの組み込み

./media/Salesforce Sales Cloudとは? セールスクラウドを分かりやすく解説/salescloud_sfa_image_7.png

承認プロセスを使用し、Sales Cloud内で、業務を進める上で、許可を取りたい人が申請を行い、許可権限を持つ承認者が承認する一連の流れを自動化することが出来ます。例えば、社内で経費申請を承認プロセスで上司に送ります。それを確認した上司は、承認/却下のアクションを、メールアラートや項目自動更新などのワークフロールールを定義してユーザに通知することができる仕組みです。

モバイル対応

./media/Salesforce Sales Cloudとは? セールスクラウドを分かりやすく解説/salescloud_sfa_image_8.png

モバイルアプリケーションでは、デスクトップと同じデータにアクセスをすることが出来ます。モバイルを使用することにより、外出先から営業業務の処理、顧客情報・案件情報の確認ができ、業務効率化が出来ます。

販売店/パートナー管理

./media/Salesforce Sales Cloudとは? セールスクラウドを分かりやすく解説/salescloud_sfa_image_9.png

販売パートナーがSalesforceを使用している場合、Salesforce間でパートナーとのコミュニティプラットフォームを構築することにより、データを安全にシームレスに連携や、共有、更新が出来ます。

3.Salesforce Sales Cloud導入効果

./media/Salesforce Sales Cloudとは? セールスクラウドを分かりやすく解説/salescloud_sfa_image_10.png

営業活動の質向上

Salesforce Sales Cloudを使用することにより、「いつ」「誰が」「どの案件に」「どのように営業活動したか」という商談の活動状況が可視化されます。また、自社の営業プロセスを明確にすることで、商談において生じている課題を組織単位で解決に向けて動かすことができます。また、担当者が変わった場合も、Sales Cloud上にデータがあるため、質を落とさず顧客にアプローチをすることができます。

営業メンバーに対する客観的なマネジメント

営業活動・案件状況を登録することで、個人・組織としてのボトルネックが可視化できます。営業のマネジメントをする際は、営業活動の数値から客観的にアドバイスを行うことができます。

営業活動の効率化

Sales Cloudを長期的に利用することで、営業ノウハウの共有・教育コストを削減することができます。

Sales Cloud上に全営業の活動履歴が集約されるため、似たケースの商談の対処法や、優秀な営業の行動特性を蓄積でき、営業マン全体の質の向上につながります。また、実際の案件における活きた情報により、研修において外部の育成プログラムからの脱却も期待できます。

事業部・部署間での連携強化

Sales Cloudで営業情報を一括管理することで、部署・部門間での連携が強化できます。営業活動は、認知のためのマーケティング活動・受注後のアフターサポートと密接に結びついています。リード機能によるマーケティングソース・施策ごとの受注率の測定や、取引先の継続受注率の管理することで、アフターサポートの検証ができます。

さらに、Salesforce社が提供するMAツールであるAccount Engagement(旧 Pardot)やサポート支援のためのService Cloudとのシームレスな連携ができます。事業部ごとの取引先情報もSales Cloudで管理されていることで、事業部をまたいだクロスセルも期待できます。

4.Salesforce Sales Cloudのエディションと費用

./media/Salesforce Sales Cloudとは? セールスクラウドを分かりやすく解説/salescloud_sfa_image_11.png

Salesforce Sales Cloudは4つのエディションが用意されています。

エディション名とそれぞれの料金プランを紹介します。

各エディションで利用ができる機能の有無

./media/Salesforce Sales Cloudとは? セールスクラウドを分かりやすく解説/salescloud_sfa_image_12.png

エディションの選び方

エディションを選ぶ際は、SalesCloudを利用するユーザ数と、やりたい業務が機能として備わっているかで選びましょう。

5.他社製品と比較したメリット・デメリット

メリット

  1. 様々な機能のツールがあるため、MA・SFA・CRMを完結でき、データの共有ができるため、営業部門とマーケティング部門などの連携がスムーズに行える
  2. Salesforce社の他製品とのシームレスな連携
  3. 高度なセキュリティ
  4. モバイル対応

デメリット

  1. 多機能がゆえに使いこなし難易度が高い
  2. 公式ヘルプが日本語化されていない事が多い
  3. ライセンス数やエディションによってはランニングコストが高くなる

6.まとめ

ここまで、Sales Cloudの機能・導入効果・費用を整理してきました。

Salesforce Sales Cloudは業界・業種を問わず、営業活動の効率化・受注精度の向上をしたい方におすすめできるCRM/SFAです。多種多様な機能を高いレベルで網羅しているのはもちろん、自社の業務プロセスにシステムを合わせられる柔軟さ、AIを活用した高度な分析などがその理由です。

ただ、多機能なため、自社でどう活用すればいいのかイメージしにくいかもしれません。StrhではSales CloudをはじめCRMツールの設計から導入〜活用支援まで一貫して行っています。Sales Cloudを導入する予定だけど上手く活用できるか自信が無いという方、既にSFAツールを導入済みで、もっと効果的に営業活動を行いたいという企業様は、ぜひお気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。

執筆者 杉山元紀

大学卒業後、株式会社TBI JAPANに入社。株式会社Paykeに取締役として出向し訪日旅行者向けモバイルアプリ及び製造小売り向けSaaSプロダクトの立ち上げを行う。
アクセンチュア株式会社では大手メディア・総合人材企業のセールス・マーケティング領域の戦略策定や業務改革、SFA・MAツール等の導入及び活用支援業務に従事。
株式会社Paykeに再入社し約10億円の資金調達を行いビジネスサイドを管掌した後、Strh株式会社を設立し代表取締役に就任。

▼保有資格
Salesforce認定アドミニストレーター
Salesforce認定Pardotスペシャリスト
Salesforce認定Pardotコンサルタント
Salesforce認定Sales Cloudコンサルタント

この記事をシェアする

x facebook